お知らせ 一覧NEWS TOPICS

アイスカップ用足踏充填機について

今回は、アイスカップ用足踏充填機について、商品の特徴をご紹介したいと思います。 この製品は打栓操作が足踏みだけなので、電源も不要です。 わずらわしい工事も全く必要ありません! 寸法は全高1400mm、全巾480mm、奥行480mmで自重は40kg、タンクの収容量は 20Lあります。一回の充填量は最大180mlまで充填することができ、以下調整可能と なっております。 どなたでも使えるシンプル設計になっております。 また、保健所対策としても適合していますので万全です! さらに、丈夫で、清潔。 SUS304のオールステンレス製です! ※充填部は一部真鍮と樹脂を使用しております。 商品については、お気軽にお問い合わせください。...

アイスキャンディー製造装置(2HP型)アイスバーテストランの動画をアップロードしました。

アイスキャンディー製造装置(2HP型) https://youtu.be/C76zcUqwVrE;feature=youtu.be...

樹脂ボトルとガラスビンの選定について。(牛乳、ヨーグルト)

今回は樹脂ボトルとガラスビンに関して、ご案内したいと思います。よくお客様から樹脂ボトルとガラスビン どちらが良いか聞かれることがあります。 最初にお聞きするのが販売されるロケーションと販売したい価格です。 こだわりのおいしい牛乳やヨーグルトですから少しでも高く販売されたいと思うのは当然です。 また観光牧場様など、お客様は非日常をもとめていらっしゃる訳ですので容器も非日常なものが良いかと 思われます。 日常は近くのスーパーやコンビニなどで色々購入するわけですからスーパーやコンビニにない容器を選択しなく てはなりません。 また少ロッド多品種のラインナップですと付加価値をつけて高く販売しませんと採算ベースにあってきません。 そうなるとガラスビンが最適かと思います。現代社会の方向性にあったリサイクル、エコなボトルと言えます。 洗浄して繰り返し使用出来ます。 弊社のお客様ですが900mlの低温殺菌牛乳を¥1,600で販売しているところも実際あります。 しかしその反面、重い、割れる、洗浄が必要というデメリットもあります。 樹脂ボトルですがガラスビン...
1 / 1412345...10...最後 »
ページの先頭へ